「ねっとde連歌」の
使い方

 

投句のルール

サラリーマン連歌

第1回興行

第2回興行 興行中!

恋愛と結婚連歌

第1回興行 興行中!

子育て・家族連歌

第1回興行 興行中!

政治時事連歌

第1回興行 興行中!

スポーツ連歌

第1回興行 興行中!

美容と健康連歌

第1回興行

第2回興行 興行中!

連歌とは

連歌とは、和歌の上の句(五・七・五)と、下の句(七・七)を多数の人たちが交互に作り、ひとつの詩になるようにして楽しむ文芸です。

【連歌の歴史】

 「連歌」の特徴である、短歌の一首を五・七・五と七・七の二句に分けて、複数の作者が詠むという点で、最も古いものは、『万葉集』巻八に収録された尼と大伴家持〔おおとものやかもち〕の歌であると言われています。

 実際に、人々の間に流行し始めたのは、鎌倉時代から江戸時代中期にかけてです。
そして、江戸時代中期以降は、それまでの連歌にユーモアや風刺を取り入れた「俳諧の連歌」が盛んになり、 自由なテーマで、一般庶民にわかりやすい言葉(口語)が用いられ、庶民の間で広く人気を集めました。

 元々の連歌は百句を詠み継いでいくものでしたが、江戸時代中期以降は、三十六句を詠み継いでいく「歌仙連歌」〔かせんれんが〕に変化していきました。
 現代の連歌は、この歌仙連歌に基づいています。

 「ねっとde連歌」は、「連歌」のゲーム性を追求し、伝統の「連歌」とは異なる独自のルールを用い、50句を詠み継ぐ形式にしております。

【連歌の正式なルール】

 「ねっとde連歌」は、ルールを簡素化し、独自のルールを用いておりますが、
ここでは、正式な「連歌」のルールについて、「まめ知識」程度にご紹介させていただきます。

 正式な「連歌」の場合には、「式目(しきもく)」というルールがあります。

 これは、複数の人に「連歌」が詠まれることによって、同じような発想・イメージ・言葉の繰り返し(=「輪廻(りんね)」)が起きないようにするためのものです。

 また、式目では、「連歌」の最初に詠む句を「発句(ほっく)」と言い、それに続く第2句を「脇」と言います。

そして、「月、花の句」「春、秋、恋の句」などについての細かなルールがあり、少々複雑です。

「連歌の主な式目」

発句は季語・切れ字(1*)にする。
脇(発句につなげる句)は「体言止め」(2*)にする。
第三句は「て止め」(3*)にする。
春・秋・恋の句は二句以上つなげて、五句以内で終わらせる。
月・花の定座を置く。(4*)

(1*)「切れ字」・・・「や」、「かな」、「けり」、「なり」、「ぞ」、「がも」など。
(2*)「体言止め」・・・「名詞」や「代名詞」で終わらせること。
(3*)「て止め」・・・「・・・て」で終わらせること。
(4*)「定座」・・・月や花を詠むべき位置が決まっています。

正式な「連歌」には、他にも様々な用語や決まりごとがあります。

「ねっとde連歌」では、「式目」にはこだわらず、 初心者でも気軽に「連歌」を楽しんでいただけるような独自のルールを用いております。

「ねっとde連歌」のルールはこちら

参考文献・ウェブサイト

日本文化いろは事典

高城修三の連歌会

 
 

登録内容変更・削除